もうすぐ台湾

一週間後には台湾に向けて出発している。イベントに参加することもあり、昨年秋から少しずつ温めてきた。

 

この日を想像して何ヵ月も楽しんで来たことになる。

せっかく行くのなら野鳥も見たいと思い、鳥友達も誘った。

は五日間だが結構忙しくなりそうでやはり日本人だと思う。

 

なぜまた台湾なのかと考えても答えが出ない。

別に理由など要らない気もするが、なんとなく自分の頭を整理したいのもあって考えてみた。

たまたま行くことになった台湾という国を深く知りたいという知的好奇心を満たしたくなったのだと思う。

知らないことばかりという状態が楽しくてたまらない。

一度二度では分からないことが多いのでまた行きたくなる。

食事がおいしく、人々が温かく、関西に似ているのも理由の一つ。文化の違い、自然環境の違い…。この辺りは野鳥を見つけるのが趣味というのもあるかもしれない。

見たことのない廟や建物。熱気ある街並み。

北回帰線が通っていて、温帯も熱帯もあり、日本より高い山脈が走っている。

 

想像をふくらませてばかりでは、作業は進まない。これから急ピッチで準備を進めねば。